住宅をリフォーム

バリアフリーにリフォームするには、階段に手すりを付けるといった簡単なものから、すべての床から段差をなくすというような大がかりなものまで、いろんな手段が考えられます。
ご予算もおありでしょうから、予算に合わせてできるところからリフォームすることをお考えください。


バリアフリーにかかる費用ですが、トイレや浴槽に手すりを付けたり、階段にストッパーを付ける程度であれば、それほど費用はかかりません。
また、介護グッズなども販売されているので、自宅をリフォームする前に、そういった介護グッズを利用することでも費用を抑えることができます。
しかし、床の段差をなくしたり、ドアを引き戸にするといった自宅の構造的な部分に手を入れようとすると、数百万円単位のリフォーム費用がかかります。


また、工事を依頼する業者選びにも注意が必要です。
リフォームの値段はあってないようなものなので、業者によりかなり違いがあります。
工事をする際には、複数の業者に見積もりを出して、比較して金額を決めるようにしてください。
一気に工事をすると高額な費用が必要になりますから、元気なときに少しずつ改装を進めることです。
高齢者ご本人が快適に暮らせるのが一番ですから、どんなところが不便なのか、本人に直接聞いてみましょう。
ただ、あまり便利になりすぎると、高齢者の身体機能が弱ってしまう場合もあります。
適度に運動することができる余地は残しておいた方がよいでしょう。


▽特選サイト
バリアフリーにリフォームする際に利用すると便利なリフォーム専門店のサイトです ⇒ ⇒ リフォーム専門店

Copyright © 2014 老後のために…バリアフリーにリフォーム All Rights Reserved.